極東産機(株) 畳店構造改革 マーケティング・経営コンサルタント森田孝雄のお役立ち情報

極東産機(株)畳店構造改革による売上アップ請負人!! マーケティング・経営全般に関するコンサルティングを行なっております。兵庫県たつの市から全国の畳店様に情報発信しております。 兵庫県たつの市龍野町日飼190 電話0791-62-1771

中小企業・小規模事業施策ポータルサイト

中小企業庁、商工会議所、商工会関係の施策、結果のポータルサイトです。
お得な情報が多く掲載されています。
ミラサポサイトです。

https://www.mirasapo.jp/

価格政策について(その1)

マーケティングミックスの4Pはお聞きになったことがあると思います。
プロダクツ(商品、製品)、プライス(価格政策)、プロモーション(広告宣伝、販売促進)、プレース(流通)の組合せです。

その中でも価格政策は大きな要素です。
最近、材料費の値上がり、消費税アップなどに対応して、販売価格を改訂するにはどうすれば良いか、という質問をよく受けます。
価格の決め方について、整理しますので参考にしてください。
大きくは3つの方法があります。

①原価に、利益をのせて決める方法。
  野菜、魚など毎日卸市場で仕入れて値段を決める(日々変動する)
  (例)100円で仕入れた品物に、30%の利益をのせて設定
     100円+30円(値入率30%)=130円(売価)

②原価から、粗利益率を設定して売価を決める方法(一定期間その価格)
  (例)100円で仕入れた品物に、粗利益率30%が取れるには、いくらで売れば良いか
     100円 ÷ (100%-30%)=143円

③販売価格を決めてから、いくらの原価のものを使えば(仕入れれば)良いか
  (例)売価100円で売り、粗利益率30%確保するためには、いくらの原価(材料)を使えば良いのか
     100円 × (100%-30%)=70円



畳の機能性について

先日、東京ビッグサイトで行われたジャパンホームショーで、北九州市立大学森田准教授のセミナーを聞きました。
畳の効用で「勉強の集中力」に関する事例が有名になっていますが、5年間で畳替えをする必要性を機能面から
説かれていました。
◇イグサの機能性
  ・リラックス効果
  ・抗菌効果・・・水虫の白癬菌にたいして効果がある
  ・スポンジ効果・・・吸音性、吸湿性(天然のエアコン)、二酸化窒素を吸う、
             シックハウスの原因であるホルムアルデヒドを吸着してくれる
以上のような効果が、畳を踏むことによってスポンジ状の穴がつぶれてその効果が減少する目安が
5年とのことでした。ござを説明するときのセールストークに活かしてはいかがでしょうか?



チラシ折込曜日について

新聞折込チラシを実施されている方からの相談No1は、折込日の曜日です。
「何曜日に入れたら一番効果がありますか?」ということです。
チラシを入れる目的は、手にとってもらって、畳に興味を持っていただき、注文の電話をいただくここです。
まずは多くの消費者の目に留まる事です。

初めてチラシを実施される方には、事前調査をしてもらいます。
1.毎日入る折込チラシの枚数を記録する。(業種までカウントすれば完璧です)
2.枚数の少ない曜日はいつか?
3.地元スーパー(大型店でなく、食品スーパーなど)が折り込む曜日
上記3項目を参考に、金、土を避けて決めてもらっています。

※金、土は、週末家族で来店してもらうことを目的にしたチラシが大量に入りますので避けてください。


リフォームに関する記事

新聞を整理していると11月2日付毎日新聞朝刊にこんな記事がありました。
まずは、お付き合いのある工務店、リフォーム店と
コミュニケーションを取り、時流に遅れないようにようにしましょう!

11月16日東京セミナーのお知らせ

平成24年11月16日(金)15:00~21:00(懇親会含む)
極東産機(株)東京支社にて開催
「畳店様の差別化戦略セミナー」

詳細は、下記の極東産機(株)はんじょうくんブログをご覧ください

http://kyokuto-sanki-tatami.ldblog.jp/archives/18917227.html

マーケティングの基礎①

このブログを利用して、皆様方にもう一度頭の整理をしていただきたいと考えています。

セミナーやコンサルティングでマーケティングという言葉を使いますが、日本語に訳すのが難しいようです。
私は、「売るための仕組みづくり」と定義しています。
まず自店の強み・弱みを知ることから始まります。客観的に自分たちを理解していくことが大切です。
それを踏まえて、戦略、戦術を組み立てていかなければなりません。

ブログ開設しました

極東産機(株)コンサルタント 森田です。

10月末となり今年もあと2ヶ月足らずとなりました。
今年年初に立てられた計画の進捗状況はいかがでしょうか?
最近の情報として、8月が暑すぎたので、「涼しくなってから」というお客様からの注文が増えているようです。

秋チラシの投入に関しては、11月5日の週に入れられる方が多いようです。
1年間の集大成ですので、しっかり刈り取りをしましょう!!
livedoor プロフィール
アクセスカウンター